小金井市の賑わいづくりの交流拠点 小金井市観光まちおこし協会

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
トップ  >  観光スポット  >  神社・仏閣・史跡

観光スポット

神社・仏閣・史跡

北西エリア

  • 山王稲穂神社
  • 詳細

山王稲穂神社

紹介文承応3年(1654)、新田開発の守護神として江戸麹町の山王社から勧請された神社で、祭神は開拓と酒造りの神様です。 2006年、この神社に参拝に来た甲子園ナインが優勝し、「幸福守」が有名になりました。境内には、昭和8年建立の武蔵小金井駅開設記念碑や、御神木のウバメガシの古木があります。 トイレ有
  • 山王窪の築樋 
  • 詳細

山王窪の築樋 

紹介文築樋(つきどい)とは、江戸時代に行われた、水路を交差させるための土木工法で、ここでは仙川と小金井分水路とが立体に交差しています。元禄9年(1696)頃に作られました。
  • 水車跡

水車跡

紹介文かつて小金井市には玉川上水の分水を利用した水車が数多くありました。水車は麦や米の製粉、精米になくてはならないものでした。明治18年(1885)頃には、つき臼12柄、万力臼2台を動かせるだけの水量があったそうです。
前のページ  |  次のページ