小金井市の賑わいづくりの交流拠点 小金井市観光まちおこし協会

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME  >  イベント情報  >  第35回記念公演 小金井薪能

イベント情報

一覧に戻る

第35回記念公演 小金井薪能

 

開催期間2013年08月25日(日)
開催場所江戸東京たてもの園前 (雨天時は、中央大学付属高等学校講堂)
場所 東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内 雨天時:東京都小金井市貫井北町3丁目22−1 中央大学付属高等学校講堂
時間開場:午後5時
開演:午後5時30分〜
料金区分内で全自由席
S席:6,000円
A席:4,000円
A席学生:2,000円(大学生以下小学生まで)
注意事項・雨天の場合は、当日午後3時に会場への変更を決定し、公園各入口、JR武蔵小金井駅北口等に掲示します。
・電話当日問い合わせ先 090-8944-2109(当日に限る)
・未就学児童の入場はご遠慮下さい

ホームページhttp://koganeitakiginou.sakura.ne.jp/kouen/35/pg1.html
主催者小金井薪能事務局
問合せ先TEL : 042-387-1712 午前10時〰午後4時(土・日祝除く) / FAX : 042-385-9237
内容 都立小金井公園の江戸東京たてもの園前での野外公演。独特な雰囲気の中、能を楽しみませんか?
(雨天時は中央大学付属高等学校講堂に変更になります。)

<演目>
・管弦(雅楽)「越殿楽」 その他
 豊剛秋氏 
・大蔵流 狂言 「狐塚 小唄入り」
 山本 則俊氏
・観世流 能 「羽衣―彩色之傳」
 津村 禮次郎氏

主催者レポート

Photo Gallery

 8月25日(日)に小金井公園で「小金井薪能」の公演があり取材してきました。
 江戸東京たてもの園前に設営された舞台と観客席は青白幕で囲まれ、いつもの公園とは違う場所のようでした。開演時間が近づくと、小雨が止んであたりが薄暗くなり、かがり火に灯され、管弦、狂言、能が始まりました。
 35回記念公演の今年は、前野博紀氏(草月流師範)が天の羽衣の舞台である三保の松原を創ってほしいという希望を受け舞台全体を装花されたといいます。あいにくの小雨の中で準備され、午後5時の開場までにはできあがりました。(この模様は前野氏のブログに掲載されています)
 野外での雅楽、狂言、能の公演と前野氏の装花に、つい時間の経つのも忘れてしまうほどでした。この感動はホールや能楽堂などでは味わうことができないものです。それが、毎年小金井で行われているのは凄いことです。(黄金井の里ホームページ市民レポーター 坂下のヤマさん)

参加者の声

コメントを書く
タイトル 
ニックネーム 
性別
年代
評価ポイント
コメント 
パスワード