小金井市の賑わいづくりの交流拠点 小金井市観光まちおこし協会

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME  >  イベント情報  >  2012青少年のための科学の祭典東京大会in小金井<レポート更新>

イベント情報

一覧に戻る

2012青少年のための科学の祭典東京大会in小金井<レポート更新>

 

開催期間2012年09月09日(日)
開催場所東京学芸大学
場所 東京都小金井市貫井北町4-1-1
時間午前10時〜午後4時30分
開会式は午前9時30分から
料金無料
その他なし
注意事項幼児や低学年のお子さんには保護者が同伴してください。
ゴミはお持ち帰りください。
会場は禁煙です。
※悪天候で中止する場合はホームページでお知らせします。
ホームページhttp://kagakunosaiten.koganei-net.com/
主催者2012「青少年のための科学の祭典」東京大会in小金井実行委員会 ほか
問合せ先担当者 : 事務局
TEL : 090-7944-1900
E-mail : ysf2012tokyo_k@yahoo.co.jp
内容子どもたちだけでなく、大人も楽しめる展示等が盛りだくさんです。

   ◆自然科学の面白さを青少年に体験してもらい、理科離れに歯止めをかけ、文と理を総合的に知る豊かな感性と知性を持つ青少年を地域の教育力により育成する。
   ◆ 教育と研究と地域産業のコラボレーションにより、地域に新たな文化を創造するとともに地域の活力を醸成する。 
   これら2 つの目的の下、これまでに実施されてきた大会では多くの子供たちが科学の魅力に出会い、貴重な体験をしてきました。また、教育機関と研究機関、さらに地域経済を支える団体等が立場を超えて互いに尊重しあい、交流・協議することを実現してきました。「青少年のための科学の祭典」東京大会in 小金井は、着実に目的を達成しつつ、発展し続けています。 

主催者レポート

Photo Gallery

 東京学芸大学で 2012「青少年のための科学の祭典」が開催されました。
◆屋外展示ゾーンには8つの展示があり、警視庁小金井警察署からは
人気の白バイのコーナーが設けられていました。
◆小金井消防署からは、防災意識の高まりから各種消防車と起震車及び
防災グッズが展示されていて、使い方などの説明を受けていました。
大学内の教室には101の出展があり、大勢の小中学生が興味のある
教室を自由に選び参加して、科学と工作などの知識を吸収していました。
◆燃料電池のコーナーでは、説明の学生が小中学生に質問を交えて分かり易く解説をしていました。 
◆偏向板トリックアートでは、中学生のほか大人の人達の見学もあり、説明者が対応に大忙しでした。
 
最近は青少年の理科離れが言われています。
今日の小中学生の参加の様子をみると、どの教室も参加者がいっぱいで
科学に興味を持ち、科学の面白さを体験しているようでした。
 
 
 

参加者の声

コメントを書く
タイトル 
ニックネーム 
性別
年代
評価ポイント
コメント 
パスワード